季節の味覚

セイコガニ!


私の休憩を奪った仕込み!こんなに頑張ったので売れて欲しい!でも昨年人気なかったけど、なんか一年に一回は、触らないと落ち着かず仕込み。発注ダブって倍の量来てしまった(*´Д`*)

この色が夏らしい

冬瓜炊くのは本当にめんどくさいのですが、湯がいてこの色を見ると、ちょっと癒されるのです。

あゆが始まります!


まだメニューにはないですが そろそろシーズン到来です!  小鮎の時期の塩焼きは格別です!   

おせちスタートです


今年最後の大仕事 一年間ありがとうございました。 おせちご注文いただいた方々 頑張っております 乞うご期待! 年始は4日より営業いたします!      

おせちやります!


新年を庵のおせちでいかがでしょうか? 価格税込25,000円取りに来ていただけるのが条件となります。 限定30個ですのでお早めにご注文お願いします。 電話番号077-564-2826 

本日のおとうし

最近おかげさまで忙しく

ブログ中々書けませんでしたが

今日はちょっと手が空きましたので

再開!

生しらすを本日のおとうしとして

ご用意いたします。

中々珍しいと思いますので

ぜひお越しください! 

   

ぐれる


今日からお目見え

ハマグリ酒蒸し!

ここでちょっと豆知識

「ぐれる」

少年などが非行に走ることを「ぐれる」というが、この言葉はハマグリに由来し江戸時代から使われるようになった。

ハマグリの貝殻は貝合わせという遊びにも使われるように、ペアになっている殻以外とはぴったりと形が合わないという性質を持っている。このことから、「はまぐり」の倒語として「ぐりはま」という言葉が生まれ、食い違って合わないことを意味するようになった。これが「ぐれはま」に変化し、さらに「ぐれ」と略されるようになる。そして、この「ぐれ」が動詞化したものが「ぐれる」である。Wikiより

絵本の野菜


そらまめくんのベットの そらまめです。 豆果(さや)が空に向かってつくため「空豆」、または蚕を飼う初夏に食べ、さやの形が蚕に似ていることから「蚕豆」という字があてられたそうです 初夏ですが手に入ったので いろいろ使わせていただきます。

(null)

千枚数の子

お節の数の子がまだ
結構あるので
千枚数の子仕込みます。
余りものと思われるかもしれませんが
美味しくしまっせ❗️
ワカメ、針生姜、数の子を
美味しい出汁で合わせます
ホテル時代に先輩方がやっていたのを
真似させてもらいます。
今日の、お通しこれで決まり
♪(v^_^)v

おせち完成


昼か夜か 曜日も分からない 毎日が、つずいていますが ようやく今おせち完成!

IMG_0236.JPG

IMG_0238.JPG

阿蘭陀煮の間もなく完成!

くわいが剥き終わり現在炊いてます。
メニューにはありませんが、気まぐれサービス品で出します。

IMG_0183-0.JPG
出来ました。
松笠慈姑阿蘭陀煮
読めるかな?

IMG_0186.JPG

孫芋ちゃんです

がんばっていっちょ
むきます。
揚げ出し生姜餡掛けにいたします。
美味しいに決まってる
♪───O(≧∇≦)O────♪

IMG_0170.JPG
剥けました。
ちよっと一服


IMG_0171-0.JPG
さぁ〜炊きますか

1 / 212
Copyright(c) 四季旬菜 いおり All Rights Reserved.